So-net無料ブログ作成
検索選択

第52回 京都金杯 [競馬]

「一年の計は金杯にあり」

競馬ファンの中の格言(?)ですが、毎年、中央競馬の開催初日には、
中山競馬場と京都競馬場で、それぞれ金杯(GⅢ)という名物レースが開催されます。
今日が2014年の開催初日ということで、京都競馬場まで行ってきました。

冒頭の格言は、年明け最初の勝負でその一年の運勢を占おうというものですが、
京都競馬場はGⅠ開催日かと見紛うほどの人出でした。
正月休みでゴロゴロするのに皆飽きるのか、金杯の日は毎年凄い混んでいます。

金杯が始まるまではつぼっちの馬券も調子が良く、2014年初的中(中山10レース)から
京都10レースと連勝し、プラスで金杯を迎えることになりました。
しかし、中山金杯を外してしまい、わずかなプラスで京都金杯の勝負となります。

第52回 京都金杯 015.jpg
2014年の初夢はガルボに託すことにします。
2013年最終開催日、12月23日の阪神カップ(GⅡ)で2着になっており、
先週は中央競馬の開催が無かったので中1週での出走です。
この馬は12月~2月は良く走る、冬大好きな馬なので、今が稼ぎ時です。
京都の1600mはディープインパクトの仔が良く来るので、馬連の相手に押さえておきます。

それにしても、こんなことになるとは。。。
1着・エキストラエンド、2着オースミナインとディープインパクト産駒のワンツー、
ガルボはまさかの3着止まり。
ワイドにしておけば良かったのに、「金杯馬連」(金杯のみ、馬連の払い戻しが5%上乗せ)につられ、
欲を出しすぎてしまったことが、完全に裏目に出てしまいました。
2014年の教訓として、しっかりとこの悔しさを覚えておきたいと思います。

それにしても、東西の金杯とも、それぞれ1人ずつしか騎乗していない
外国人騎手の馬が勝ってしまいました。
日本人騎手には意地を見せて欲しいところです。
また、中山金杯はオーシャンブルー(父:ステイゴールド)、
京都金杯はエキストラエンド(父:ディープインパクト)が勝ちました。
このところ続いているディープインパクトとステイゴールドの種牡馬戦争を象徴するような年明けです。

第52回 京都金杯 020.jpg
最終レース後には、2013年京都競馬場リーディングジョッキー表彰と、
(福永祐一騎手:菊花賞を含む48勝)
関西の騎手による新年の挨拶がありました。
武豊騎手が、今年も素晴らしいレースを見せることを約束すると宣言してくれました。
去年の日本ダービーのような、興奮するレースを今年も楽しみにしたいと思います。

そして、年始は変則開催のため、明日も中央競馬が開催されます。
仕事に集中できないじゃないか。。。(笑)

※2014年の回収率 59.6%(1月5日終了時点) 途中までは良かった、途中までは。。。
タグ:京都金杯
nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 13

コメント 4

風来鶏

「お年玉」にはなりませんでしたか^^;)
by 風来鶏 (2014-01-06 00:25) 

PENGUIN

競馬シーズンも開幕ですか。
日本人騎手が頑張ってくれるとよいですね。
by PENGUIN (2014-01-06 00:36) 

つぼっち

>風来鶏さん
JRAに「お年玉」をあげてしまいました。。。
by つぼっち (2014-01-07 22:34) 

つぼっち

>PENGUINさん
個人的には、武豊の完全復活に期待しています。
by つぼっち (2014-01-07 22:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。