So-net無料ブログ作成

PL~青学~東芝~阪神~日本ハム~オリックス・・・ [野球]

どうしてもこのことを書かずにはいられません。
阪神・日本ハム・オリックスでプレーした坪井智哉が、ついに現役を引退してしまいました。

暗黒時代真っ只中の阪神に、彗星のごとく現れた天才打者。
新人の1998年、振り子打法を武器に、鈴木尚典・前田智徳という球界屈指の左打者二人と、
シーズン終盤まで首位打者争いを演じました。
順位は言うまでもなく最下位なので、坪井のバッティングだけが楽しみ(言い過ぎ?)でした。

その後は不振や故障もあり、日本ハムにトレードに出されてしまいました。
が、移籍した初年度に、阪神ファンが悔しがるぐらい打ちまくり、
よくある「阪神を出てから大活躍」(野田浩司的)パターンとなってしまいました。
代わりに阪神に来た野口もよく頑張ってくれたので、結果的にはいいトレードだったと思います。
あのまま阪神にいても、出場機会はほとんど得られなかったでしょうし。。。

しかし、日本ハムでも徐々に出場機会が減り、
2006年オフに一度戦力外通告(そして、戦力外通告を受けた日ハムと異例の再契約)、
2010年オフに二度目の戦力外通告を受けてオリックスに移籍。
オリックスでも結果を残せず、2011年オフに戦力外通告。
普通なら、ここで現役引退を選択してもおかしくないですが。。。

彼には続きがありました。
何と、アメリカの独立リーグでの現役続行。
とことん現役にこだわるその姿勢、どこまでも可能性を求める姿を応援し続けました。
その彼が引退を決めたのですから、本当に限界だったのでしょう。

ところで、坪井智哉という選手で印象深いのは、1998年7月の甲子園での巨人戦です。
巨人先発のバルビーノ・ガルベスは球審の判定にイライラするところを見せていましたが、
坪井の打席でも、追い込んでからの際どい球をボールと判定され、
イライラもMAXに近くなっていました。
そして、次の投球・・・坪井がライトスタンドにホームランを叩き込み、ついにガルベスが爆発。
ピッチャー交代の際、球審にボールを投げつけようとし、
残りのシーズン出場停止となってしまいました(ガルベスご乱心事件)。
その時のホームランがすごく綺麗だったのが、今も脳裏に焼き付いています。
(この時の態度は擁護できないけど、ガルベスも好きな投手だったので余計に印象深いです)

ピークでスパッと引退するのも美学ですが、とことんまでやり切るのも美学。
また一人、好きだった選手が引退してしまいました。
長い間、お疲れ様でした。
また、指導者として帰ってきてくれたらうれしいです。
たくさんの感動をありがとうございました。

山崎武志氏 中日と1日契約 [野球]

昨年限りで現役を引退した山崎武志氏が、古巣・中日と異例の「1日契約」を結びました。

明日の楽天とのオープン戦で引退試合に出場するため、
たった1日だけ中日の背番号「22」に戻ることになります。
日本プロ野球界では初めての試みですが、メジャーリーグではよくあることで、
松井秀喜氏も現役引退後、1日だけヤンキースと契約を結んだことは記憶に新しいです。

山崎武志氏といえば、ナゴヤ球場での巨人戦、
バルビーノ・ガルベスとの伝説の乱闘が強烈に記憶に残っています。
いろいろ言われていますが、個人的にはガルベスが好きだったので。。。
お互い丸くなっただろうし、もう一度二人の対決が見てみたいなぁ。

引退試合ということで、思いっきり暴れて欲しいものです。
鈴木尚典のように、引退試合でのホームランを期待しています。

球春到来 [野球]

今日、仕事が終わって阪神電車で帰っていたら、
甲子園の駅から、光り輝くスタジアムが見えました。。。

ということで、阪神の本拠地開幕戦は、伝統の巨人戦。
家に帰ってテレビをつけたら、すでに8回表まで進んでいました。
先発の能見はそのまま投げ続け、無四球完封勝利!
内容はほとんどVTRで振り返るだけでしたが、文句のつけようが無い内容だったようです。
打つ方はマートンが決勝点となるタイムリーを放ち、能見と共にお立ち台へ。

能見とマートンといえば、去年の舌禍事件(マートンの「能見さん、キライ」発言)を思い出しますが、
今日は「能見さん、愛してる」発言が飛び出すなど、すっかり仲直りしたようです(笑)

正直言って、今年も戦力的には厳しいと思うので、若手の台頭に期待したいと思います。
やはり、藤浪には期待せずにはいられません。
早く、甲子園で勝つところが見たいです。
そして上本、早く戻ってきてくれ!

それにしても、最年長先発勝利記録を更新した山本昌はすごすぎる。。。
どこまで記録を伸ばすのだろうか?

アニキ、引退! [野球]

今日は、阪神タイガースの2012年シーズン最終戦。
そして、金本選手の引退試合でもありました。

我らがサンテレビは、当然のごとく試合開始から引退セレモニーまで完全中継。
現役最後のヒット(2539本目)を放ち、盗塁も成功させるなど、
最後までファンを熱くさせてくれました。
そして、レフトフライをキャッチしてゲームセット。
最後まで華のある選手でした。

通算成績を見ると、どれほど凄い選手だったのかが分かります。

安打数:2539(歴代7位)
本塁打数:476(歴代10位)
打点:1521(歴代8位)

大卒で、入団してからすぐに活躍したわけではないことを考えると、
通算安打の2539本はとてつもない記録だなぁと、改めて思い知らされます。

入団してから3年間の下積みが辛かったように、現役晩年の3年間も辛いものになってしまいました。
肩を故障してからは、見るに耐えないプレーがあったのも事実です。
もっと早く引退していてもおかしくなかったのですが、
彼のプレーを見たいというファンが多かったのも事実。
去年・今年と、思うようなパフォーマンスができず、金本自身も非常に苦しかったでしょう。
最後までフルスイングを見せてくれた金本選手の雄姿を、ファンは決して忘れることはありません。

今年は、金本以外にも名球会クラスの大物選手の引退が相次ぎました。
ソフトバンクの小久保もそうですが、個人的にはカープの石井琢朗選手が印象深いです。
投手としては失格の烙印を押された選手が、野手に転向してからはマシンガン打線を引っ張り、
そして2000本安打達成。。。
引退試合では、カープファン・DeNAファン両方から声援が飛んでいたことから、
彼がいかにファンに愛されていたのかが分かります。

1軍の公式戦で華々しく引退する選手もいれば、
城島のようにファームの試合で引退する選手もいる。
個人的には、城島の潔さに拍手を送りたいです。
そして、つぼっちの大好きな今岡も。。。

アニキがセレモニーで言っていました。
「日本一という瞬間を、この甲子園球場でどうしても達成したかった」と。
来季以降も現役を続ける選手達に、その夢は託すことになります。
はっきり言って戦力的には非常に厳しいですが、可能性を見せてくれた若虎もいます。
長い目で見守ることにしたいと思います。

夢を見させてくれてありがとう、アニキ!

こんなことが起こるとは [野球]

最初、ネットで見出しを見たとき、ウソ記事だと思ったのですが。。。

イチロー、まさかのヤンキース移籍。
しかも、いきなり出場で古巣と対決とは。
あまりの展開の速さについていけなくなってしまいそうです。

あのイチローも、今季の成績を見ると寂しい限り。
やはり、環境を変えるということも必要だったのでしょう。
難しい判断だったとは思いますが、もう一花咲かせて欲しいところです。

つぼっちが中学生の頃から活躍しているイチロー・松井秀喜も、
今季はかなり苦しい状況に追い込まれています。
時代の流れをひしひしと感じますが、両者とも納得いくまでとことんやって欲しいと思います。

ただ一つ心配なのは、イチローを追ってマリナーズにやってきた川崎のこと。
シーズン終了を待たずに離れ離れになるとは。
彼は野球に対するモチベーションを保つことができるのだろうか。。。
イチローを追ってヤンキース入りなんてことはあるのか?!

暗黒時代に突入してしまうのか [野球]

約1年半振りに阪神のことを記事にするわけですが。。。
http://furafura-life.blog.so-net.ne.jp/2010-11-20

1年半前に感じていた疑問が、そのまま現実のものとなってしまったのでした。
自前の捕手がまったく育っていないという弱点が、まったく改善されていません。
城島・藤井と補強に走った裏で、狩野・中谷を外野にコンバート。
打撃センスを買ってのことですが、あまりにも欲張りすぎです。
しかも、今年は藤井がケガで離脱したら、日ハムから今成を獲得。

今成は非常に打撃センスが良く、交流戦でも楽天・田中投手から3安打しています。
だから今成を使っていくのかと思いきや、リードが悪いということでやはり控えに。
ただ、リードというのは経験を積むことにより上手くなっていくものでしょうから、
今成は責められません。
懲りずに外野コンバートなどという噂も聞かれますが、じっくり育てていって欲しいと思います。
本当は生え抜きの小宮山に頑張ってもらいたいのですが、打撃面は厳しいですし。。。
いずれにしても若い捕手が育たなければ、間違いなく長期の暗黒時代に突入です。

あと、若手の起用法が意味不明です。
特に大和は、今年の活躍なら完全にスタメン固定でいいはず。
浅井や新井良太ももっとスタメン起用してもおかしくないし、田上や柴田の使い方ももったいない。
若手にチャンスすら与えられないのなら、モチベーションが上がる筈がありません。

どうせ打てないのなら、可能性を感じる若手を使って欲しい。
和田監督には、1年目から優勝争いをして欲しいとは、正直思っていません。
でも、今のような試合を続けるようなら、5年間は優勝争いどころかAクラスも怪しいと思います。

今日の西武戦の完封負けを見て、かつて無いほどの危機感を感じました。

タグ:阪神

松井秀喜、待望のアーチ [野球]

あの松井秀喜が、シーズンが始まっても所属球団が決まらないなんてことがあるなんて、
夢にも思っていませんでしたが。。。

ようやくレイズとマイナー契約を結び、2012年のシーズンが始まりました。
練習試合とはいえ本塁打も飛び出し、復活の兆しが見られます。
まだ先は長いと思いますが、もう一度、メジャーの舞台でアーチを見たいです。

つぼっちは阪神ファンですが、松井秀喜という選手のことを、ずっと応援し続けています。
決してスカしたところがなく、話もおもしろいし、野球に対してストイックでもある。
収入はとてつもなく下がってしまったけれど、もはやお金の問題ではない。
彼の頭の中には、国内復帰などということは微塵も浮かんでこなかったでしょう。

まだまだ一線でプレーし続けることができると信じています。
得意な夏までにはメジャー昇格して、アーチを量産して欲しいものです。

こうなったら、とことん納得いくまでやって欲しい。
いつまでも応援し続けたいと思います!

過小評価 [野球]

阪神・能見投手が、現状維持の年俸5000万円(推定)で契約更改したそうです。

能見といえば、今シーズンは負け無しの8連勝。
クライマックスシリーズ進出に大きく貢献しました。
ケガで戦列を4ヶ月離れたといえ、それは試合中のプレーによるものです。
これで現状維持なんて、ちょっと考えられないです。

何だか、阪神の査定って、特定の選手にすごく厳しい感じがします。
能見も嫌気が差して、FAで出て行ったりしないか心配です。
藤井の獲得といい、球団の姿勢が正直言ってよく分からないです。
もう、藪コーチに期待するしかないのか。。。

今週末は、いよいよ有馬記念。
競馬ファンにとっては、1年間の集大成となるレースです。
ローズキングダムの出走取消は非常に残念ですが、熱いレースを期待します。
さっき、「明石家サンタ」を観ていたら、「今年は牝馬同士で決まる」とさんまさんが言っていました。
大桃vs麻木の騒動があったからだそうで(笑)。
そんな見方があったとは。。。
どんな結末が待っているのか、今からワクワクが止まりません!

どこへ行こうとしているのか [野球]

阪神は、いったいどこへ行こうとしているのか?
城島が故障により来期開幕絶望となった阪神、
FA宣言した楽天・藤井の獲得に乗り出しました。

なぜ、2年連続で捕手の補強をしなければならないのか。
2009年、狩野がシーズン通してマスクを被り、素晴らしい成績を残しました。
生え抜き捕手の活躍に、つぼっちはどれだけ喜んだことか。
城島の時でも疑問を感じたのに、今度は場当たり的な補強。
狩野じゃいけない、何か特別な理由があるのでしょうか。
小宮山だって、使っているうちに成長するかもしれません。

最近の阪神は、若手にチャンスすら与えないケースが目立つような気がします。
関本はFA宣言の上で残留してくれましたが、こんなことを続けていたら、
有望な若手選手がいなくなってしまうんじゃないか、という危機感があります。

5年後の阪神がどうなっているのか、今の球団の姿勢はとても心配です。
暗黒時代が再び訪れるのは、そう遠くないのかもしれません。
タグ:阪神

球界再編問題再燃 [野球]

本日、プロ野球のドラフト会議が開催され、スター候補が球界入りを果たしました。
注目の選手も、そうでない選手も、将来のプロ野球を盛り上げて欲しいです。

しかし、あまり喜べないような状況でもあります。
まず、今年の日本シリーズは、1・2・5戦目の地上波での全国テレビ中継がありません。
一昔前なら、日本シリーズの放送が無いことなど考えられませんでした。
確実に、野球人気が凋落しつつあることを物語っています。

そして、横浜の身売り問題。
住生活Gへの売却は、破談となってしまいました。
売却金額と本拠地の問題がネックとなったようですが、
今の横浜に相手を選べるような余裕はあるのだろうか?
とりあえず来年は現状維持のようですが、そんな状況で選手のモチベーションが上がるでしょうか。
下手をしたら、2年後にはセントラル・リーグは5球団になっているかもしれません。
そうなると、一時期はしぼみかけていた1リーグ制の議論が持ち上がってくるでしょう。
今こそ、本当にプロ野球のあり方を考えないといけない時なのかもしれません。

プロ野球は復活できるのか?
今日、正に正念場を迎えたような気がします。
タグ:野球
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。