So-net無料ブログ作成

ペニー紡績踏切 [名所]

静岡県富士宮市にある、身延線の踏切、「ペニー紡績踏切」。
「ペニー紡績」という言葉の響きが面白くて、すっかり気に入ってしまいました。
しかし、名前の由来が分かりません。
近くに紡績工場もなさそうだし・・・
昔あった名残でしょうか?

「ペニー紡績踏切」、なんとも不思議な踏切です。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 7

クロヒコ

これはいいですね。
「ペニー」というカタカナの部分にも丁寧に振り仮名がついているところなんかもポイント高いと思います。
先日は自分のブログにお越しくださりありがとうございました。
こちらのブログで素敵な記事を拝見し、自分も最近サボりがちながら街歩き好きの端くれとして、たいそう心強く感じます。
ちょくちょくお邪魔したいと思いますので、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
by クロヒコ (2007-12-20 23:03) 

つぼっち

>クロヒコさん
このような記事にコメントしていただいて恐縮です。
実験的に書いた記事なので、コメントしづらいと思ったのですが・・・

振り仮名については、私もポイントだと思って撮影しました。
平仮名で読めても意味は分からないですから(笑)

着眼点は違っても、「街にある面白いものを見つける」という点では、
大変共感できます。
また遊びに寄らせてもらいますので、こちらこそよろしくお願い致します!
by つぼっち (2007-12-21 19:43) 

何ともユニークな踏切名ですね。。
by (2007-12-22 10:09) 

つぼっち

>水郷楽人さん
ぜひ由来が知りたいですね。
by つぼっち (2007-12-23 11:17) 

salty

北鎌倉には 人の名前から付いた踏み切りはありますが・・カタカナではないもんなぁ・・
by salty (2007-12-23 18:38) 

つぼっち

>soltyさん
「権兵衛踏切」でしたっけ・・・?
これもいい名前の踏切ですね。
by つぼっち (2007-12-24 22:42) 

すー

踏切近くのショッピングセンター、イオンのある所にかつてオーミケンシ(元は近江絹糸と書いた)の工場がありました。
名のとおり、蚕から絹糸を紡いでいました。製造していた絹紡糸の半製品をペニーと言いました。それで地元ではこの工場は「ペニー紡績」とも呼ばれていたようです。
そこからこの踏切を「ペニー紡績踏切」と呼ぶようになりました。
by すー (2019-02-08 01:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。