So-net無料ブログ作成

アグネスタキオン急死 [競馬]

痛い、痛すぎる。
まだまだこれから、というときに、本当に残念です。

アグネスタキオンは、ダービー馬・アグネスフライトの全弟(母も父も同じ兄弟)。
現役時代に皐月賞を無敗で制し、このまま無敗の三冠馬誕生か、
と期待されたほどの馬でした。
しかしダービーを前に、不治の病といわれる屈腱炎を発症、
そのまま早すぎる引退となってしまいました。

戦績はたった4戦ですが、どれも印象的なレースでした。
一番印象的だったのが、レコードで勝った2000年ラジオたんぱ杯(GⅢ)。
のちのダービー馬・ジャングルポケット、ジャパンカップダートを勝ったクロフネを、
まったく寄せ付けず、1頭だけ次元の違う走りをしていたように感じました。

次走の弥生賞(GⅡ)では、最悪の泥んこ不良馬場の中を、これまた別次元の走りで、
1頭だけ突き抜けていました。
後の菊花賞馬・マンハッタンカフェもまったく歯が立たず、といった感じでした。
馬名の「タキオン」は、「仮想の光速素粒子」という意味らしいですが、
まさに光速のような、今までに見たことの無い走りでした。

たった4戦で引退してしまったため、本当に無敗の三冠馬になれたのか、
はたまた皐月賞馬止まりだったのかは、分からずじまいでした。
つぼっちには、無限の可能性を秘めていたように感じられたので、
引退がただただ残念だったことが思い出されます。

ただ、サラブレッドにとって大事なのは、「レースでいい成績を残すこと」以上に、
「優秀な産駒(こども)を残すこと」です。
そういう意味では、タキオンは父親としても非常に優秀でした。
初年度産駒からはロジックがNHKマイルカップで優勝。
2年目は去年の有馬記念でつぼっちを呆然とさせたダイワスカーレット。
牝馬が2500mの有馬記念を勝ったことには、ただただ驚くばかりでした。
そして3年目からは、先日の安田記念でウオッカと凌ぎを削ったディープスカイ。
父が出走することが叶わなかった、ダービーを制しました。

種牡馬成績は、タキオンの能力の高さを証明していると思います。
2008年度は、ついにリーディングサイヤー(最も優秀な種牡馬)に輝きました。
父サンデーサイレンスと同じように、
一時代を築き上げるのは間違いない、と思っていました。
それだけに、タキオンの死によって失ったものは、あまりにも大きすぎると思うのです。

こうなったら、残された産駒に期待するしかありません。
そして、ディープスカイも種牡馬になるでしょうから、
タキオンの血を残していって欲しいです。
願わくば、父を超えるような大物を出して欲しい。

ありがとう、アグネスタキオン。
安らかに。。。
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 10

コメント 6

なまはげ

 私は競馬を純粋に「血のスポーツ」として見ているので今回のような記事は残念でなりません。
 エルコンにしろタキオンにしろ、わずかな遺児から系統が大きく育つことを期待しています。

by なまはげ (2009-06-23 20:05) 

toshi

こんばんはー
競馬とは殆ど縁が無いのですが
悲しい出来事ですね。。。
by toshi (2009-06-23 20:41) 

take

競馬のことはまったく分かりません。。。
実家は東京競馬場に、今は浦和競馬場と戸田ボートと川口オート
に近いのですが、そういうものはこれまで一切無縁です。
by take (2009-06-23 22:00) 

小澤とも

こんにちは。
アグネスタキオン。。。
ニュースで聞いて驚きました。
遺された産駒のこれからの活躍を期待しています

いつもありがとうございます(平伏)
by 小澤とも (2009-06-24 15:15) 

yuki999

残念ですね
by yuki999 (2009-06-25 18:52) 

つぼっち

残されたアグネスタキオン産駆に活躍を期待するしかありません。
筆頭はディープスカイですが、宝塚記念は残念でした。
秋には、きっと巻き返してくれるでしょう!
ダイワスカーレットの初仔にも期待です。
デビューが待ち遠しいです!
by つぼっち (2009-07-01 12:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。